羈束力(きそくりょく。民事訴訟)

羈束力(きそくりょく)とは、民事訴訟において、その事件の手続内で裁判所の裁判が他の裁判所を拘束することです。

羈束力については、民事訴訟だけでなく、刑事訴訟などでも問題になりますが、ここでは民事訴訟での羈束力について論じます。
加えて、一般的には、羈束力は、国家機関の行為がそれ自身または第三者の行動に制限を加える効力のこととして使われることもあります。

羈束力に関して、以前は自己拘束力も羈束力の一つとされていましたが、今は自己拘束力は羈束力とは別とされています。

羈束力の具体例として、確定した移送の裁判は移送を受けた裁判所を拘束して、元の裁判所へ返送することができないこと(民事訴訟法22条1項)があります。
また、事実審(高等裁判所の場合が多いです)の判決における事実認定は、上告審(法律審。最高裁判所の場合が多いです)を拘束すること(民事訴訟法321条1項)も、羈束力の一つとされます。事実レベルの争いは、基本的に高等裁判所までであり、最高裁判所では事実の争いが覆らないとされているのです。最高裁判所は基本的に法律的な争点のみ対象となります。
それから、上級審において原判決の取消または破棄の事由となった上級審の判断が移送・差戻後の下級審を拘束すること(裁判所法4条、民事訴訟法325条3項)も、羈束力です。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。