本当のことを言っただけで名誉毀損!?

名誉毀損が急増

名誉毀損は、犯罪です。加えて、名誉毀損をしてしまうと、多額の損害賠償を請求されるおそれがあります。
この名誉毀損が最近急増していることは、ご存じですか。それは、インターネットの匿名掲示板が普及し、誰でも気軽に投稿できるようになったからです。
みなさんも、ご自身が意識しないうちに誰かの名誉を毀損し、後で問題になることがないよう気をつけていただいた方がいいと思います。

本当のことでも…

注意していただきたいのは、嘘ばかりの中傷はもちろん、本当のことを言っただけでも、名誉毀損にあたるということです。
例えば、知り合いが不倫してるところを目撃したことを掲示板やツイッターで投稿したら、いくら不倫をしてる当人が悪いといっても、名誉毀損にあたります。つまり、投稿した方は、損害賠償を請求され、犯罪ということで警察の捜査を受ける可能性もあるのです。
それなら、週刊誌などで政治家や芸能人の不倫の記事が大きく出てるのは、どうなるのかと思われる方もいるかもしれません。法律的には、政治家や芸能人などについて、一定の要件を満たせば例外的に許される場合があるのですが、一般の方に対する名誉棄損が許される場合というのはほとんどありません。要件の具体的内容は複雑なので、また別の機会にお話できたらと思います。

気をつけましょう

 人の秘密を知ったら誰かに話したくなってしまうのは、自然なことだと思います。しかし、一歩間違えると、大変なことになってしまうので、気をつけてください。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。