保釈中で、執行猶予や無罪の判決が出た場合、どうなりますか?

保釈中で、執行猶予無罪の判決が出た場合、起訴後の身柄拘束の無罪判決.jpg
根拠となっていた勾留の効力がなくなりますので(刑事訴訟法345条)、保釈の有無と関係なく、自由の身となります。

そのまま判決が確定すれば、再犯を犯す等がないかぎり、再び身柄が拘束されることはなく、刑務所に行かなくて済みます。

それでは、検察官が執行猶予や無罪の判決に不服として控訴した場合は、どうなるでしょうか。
検察官が控訴と共に、勾留を請求する等して裁判所が勾留を認めれば、再び身柄が拘束されてしまうものと思われます。
ですが、検察官が勾留請求までする可能性は低いと思われます。

また、仮に勾留請求されてしまっても、執行猶予や無罪の判決が出ている場合には、再保釈は認められやすいものと思われます。

実際にお悩みの場合には、刑事事件に詳しい弁護士に相談していただくのが良いと思います。

 

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。