痴漢・盗撮で警察に検挙されたのに、被害届は出ていないようなのですが、どうしたら良いですか?

痴漢盗撮の現場で、被害者の方が声を上げ、警察に行くことになっ警察.jpg
たものの、被害者の方が何らかの理由で被害届を出さない場合があります。

被害届が出てないからといって、法律上、痴漢・盗撮の犯人を処罰できないことにはなっていません。
したがって、被害届が出ていなくても、刑事手続が進み、刑罰が科される可能性があります。

ただし、当事務所の経験上、痴漢や盗撮で被害届が出ていない場合には、以下のような処理になることがあります。

1つは、痴漢や盗撮の被害者が被害届を出さないことで、警察が立件することをやめてしまうことがあります。

もう1つは、警察が立件をして、検察庁に事件を送致する「送検」になったが、検察官が不起訴処分にすることもあります。

ですが、痴漢・盗撮の被害者は、後日、被害届を出すことが可能です。
したがって、今、被害届が出ていないからといって、刑罰が科されないという保障はありません。
できれば、被害者と示談をした方が良いと思います。

あとは、個別の状況によって、今後の事件の処理が変わってくることもありますので、専門の弁護士に相談されることをおすすめいたします。
横浜ロード法律事務所は、初回45分無料相談としており、痴漢・盗撮事件を多数取り扱っております。

 

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。