遺留分

遺留分とは、法定相続人に一定割合の相続できる権利を保障するもののことです。

28 遺留分.png

例えば、先妻との間の子と後妻及び後妻との間の子という法定相続人がいる人が、自己の財産の全部を後妻と後妻との間の子の2人だけに均等に相続させるという遺言をした場合、遺言のままでは、先妻との間の子は何も相続できないことになってしまいますが、遺留分として法定相続分の2分の1は遺言があっても相続できる権利を確保することができるのです。つまり、先妻との間の子は、法定相続分である4分の1のさらに2分の1の8分の1の遺産を相続できることになります。

遺留分を要求することを遺留分減殺請求権の行使といいます。遺留分減殺請求権の行使は、期限があり、相続の開始及び遺留分を侵害する遺言等があったことを知ったときから1年以内と決まっています(相続開始のときから10年経過したときも遺留分減殺請求権を行使できなくなります)。

遺留分が認められるのは、被相続人の配偶者と直系尊属(親や祖父母)と直系卑属(子や孫)であり、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。したがって、兄弟姉妹は遺言によって何ももらえなくなった場合はそれに従うしかないということです。
遺留分の割合は、原則として2分の1ですが、直系尊属(親や祖父母)のみが相続人の場合には法定相続分の3分の1しか認められません。

 遺留分の制度は、遺族の生活保障及び期待権と被相続人の遺産の処分の自由という相対立する利益の調和を目的としたものと言われています。
遺留分減殺請求権の行使がなされる場合には、紛争が深刻になってしまう場合が多いですので、弁護士に相談することをおすすめします。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。