否認(民事訴訟)

否認とは、民事訴訟において、相手方が立証責任を負う事実を否定する陳述のことです。

実務上は、相手方が立証責任を負っていない事実や間接事実なども含め、相手方が主張した事実を否定する場合に、「否認」という言葉を使います。
否認については、刑事手続においても使われる言葉であり、その場合は、被疑者被告人が自己の犯罪事実を認めず争うことをいいます。刑事手続上の否認については、こちらをご覧ください。

否認にもいくつか種類があります。
単純否認とは、単に相手方の主張を否定する陳述のことです。
理由付否認とは、理由を付して相手方の主張を否定する陳述のことです。
 民事訴訟規則79条3項において、準備書面において相手方が主張する事実を否認する場合には、その理由を記載しなければならないと規定されています。
積極否認とは、理由付否認のうち、相手方の主張と両立しない事実を積極的に持ち出す場合をいいます。

否認された事実については、その事実の立証責任を負う当事者が、証拠を提出して立証しなければならず、裁判所が事実の存在を認めるに至らなければ、立証責任を負う当事者に不利な判決となります。

否認の反対語は、自白です。自白とは、相手方が立証責任を負う事実を認める陳述のことです。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。