強制わいせつ罪

強制わいせつ罪とは、①13歳以上の男女に対し、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした場合、②13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした場合に成立する犯罪のことです。

強制わいせつ罪は、刑法176条に規定があります。
強制わいせつ罪の刑事罰は、6月以上10年以下の懲役です。

強制わいせつ罪の刑法176条は、「第二十二章 わいせつ、姦淫及び重婚の罪」において規定されています。
この章には、公然わいせつ罪わいせつ物頒布等罪という社会の健全な性的風俗を保護するための犯罪も含まれていますが、強制わいせつ罪は社会の風俗を保護するのではなく、個人の性的自由・感情を保護するためのものです。
ですから、「第二十二章 わいせつ、姦淫及び重婚の罪」に規定されている犯罪には、社会の健全な性的風俗を保護するためのものと、個人の性的自由・感情を保護するためのものの2種類が含まれています。

強制わいせつ罪は、被害者が13歳以上か、13歳未満かによって、その内容が異なります。

被害者が13歳以上の場合には、暴行または脅迫を用いたことが必要です。
したがって、詐欺的な行為でだましてわいせつな行為をした場合に、強制わいせつ罪にはなりません。ただし、準強制わいせつ罪に該当する可能性はあります。
暴行とは、人の身体に向けられた有形力の行使のことです。
脅迫とは、相手方を畏怖させるに足りる害悪の告知のことをいうものと解されます。
そして、通説的見解は、本罪の暴行・脅迫については、被害者の反抗を著しく困難にさせる程度の暴行・脅迫であることが必要と考えています。
例えば、被害者の手足を押さえつけて、わいせつな行為をする場合に、暴行を用いたといえます。
また、女性の隙をついて、その女性の胸を触るような行為について、暴行を用いたといえるかについて学説上の争いがあります。
この点について、学説の通説的見解は、このような場合も暴行を用いたに該当すると解釈します。判例も同様の見解です。
このような通説判例の見解によれば、暴行自体がわいせつ行為である場合も、本罪が成立すると考えていることになります。

被害者が13歳未満の場合には、暴行・脅迫を用いたことは必要ありません。
被害者がわいせつ行為を受けることに同意していても、強制わいせつ罪が成立します。
そのような被害者は、わいせつ行為の意味を正しく理解していない場合があると考えられているからです。

強制わいせつ罪のわいせつの意味については、わいせつ物頒布等罪のわいせつより広い概念と考えられています。
わいせつ物頒布等罪でのわいせつの意味は、徒(いたず)らに性欲を興奮または刺激せしめ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものとするのが判例です。
そして、キスシーンがある映画の上映が、善良な性的同義観念に反することはなく、わいせつ物頒布等罪は成立しないと考えられます。
これに対し、無理矢理にキスする行為は、わいせつな行為に該当し、強制わいせつ罪が成立します。
そのようなことから、強制わいせつ罪におけるわいせつな行為とは、被害者の性的羞恥心の対象となるような行為をいうと考えられます。
被害者の身体に直接触れる必要はなく、例えば裸にさせて写真を撮影する行為も強制わいせつ罪が成立します。

なお、男性が女性に暴行・脅迫を用いて姦淫(性交)した場合には強姦罪が成立しますが、女性が男性に暴行・脅迫を用いて姦淫(性交)した場合には強姦罪には該当せず、強制わいせつ罪が成立します。

また、強制わいせつを犯す者に、自己の性欲を刺激・興奮させ、満足を得るという性的な意図が必要とするのが判例の見解です。
最高裁判決昭和45年1月29日は、被告人が報復のため被害者の女性を裸にして写真を撮影した行為について、そのような性的な意図が認められないとして、無罪としました。
この事案では、別の女性がその場に同席しており、被告人は被害者の身体に一切触れていなかったことが認定されています。
これに対し、行為者に性的な意図はなくても、被害者の性的羞恥心が侵害されれば、強制わいせつ罪を認めるべきであるとする学説も有力です。

強制わいせつ罪の実行に着手したものの、未遂に終わった場合も、未遂犯で処罰されます(刑法179条)。

それから、強制わいせつ罪は、未遂犯も含め、被害者等の告訴がなければ検察官は起訴できないと刑法180条で規定されています。
いわゆる親告罪ということです。
それは、被害者が、刑事裁判になることで、自らの性的な被害が公になることを望まないことがあるため、そのような被害者の意思を尊重するためと言われています。
一度被害者が告訴しても、起訴されるまでの間に、告訴が取り下げられれば、起訴できないことになります。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。