略式起訴(略式手続)

略式起訴とは、公判をひらかず、書面審理だけで行う簡易な刑事裁判である略式手続を検察官が請求することです。

略式手続は、簡易裁判所が100万円以下の罰金又は科料を言い渡す場合で、被疑者が手続きに異議のない場合に、行うことができます。基本的に、略式手続は、被疑者が事件を自白し、自分が犯人であることを争っていない場合に限られます。

被疑者が略式手続に異議のない旨を明らかにすることが必要であり、検察官が取調べの際に被疑者に対して、略式手続に異議のないことが記載された書面(実務上、略受けと言われます)に署名押印するよう促します。被疑者は、略受けへの署名押印を拒否することができますが、拒否すると、公判請求(正式な起訴)をされ、正式な刑事裁判手続を受けなければならず、デメリットの方が多いと思われますので、略受けを拒否する被疑者は非常に少ないと思われます。

略式手続によって、簡易裁判所が行う裁判を略式命令といい、正式裁判の請求期間(略式命令の告知日から14日)の経過などによって確定判決と同一の効力をもちます。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。