労役場留置

労役場留置とは、罰金科料という金員の納付を命じる刑罰が科されたにもかかわらず罰金科料の金額を納付しない者に対し、一定期間、労役場という施設に身柄を拘束し、労役に服させる処分のことです。

本来の刑罰は金員の納付であったのが、労役に服することになることから、換刑処分といわれます。
留置の期間は、法律上、罰金の場合に1日以上2年以下とされ、科料の場合には1日以上30日以下とされています。

罰金科料の判決の言い渡しがなされるときには、労役場留置の期間について1日あたりの金額を言い渡すことになっており、実務上、1日あたり5000円で言い渡されることが多いですが、裁判官の裁量で決められるものとされています。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。