勝手に充電するのは犯罪!

最近スマホ(スマートフォン)が流行ってますね。私もスマホを使っているのですが、バッテリーの減りが早いですよね。そのため、充電器や予備のバッテリーを持ち歩いている方もいるみたいです。電池がなくなって、どこかで充電できないか探した経験がある方は多いと思います。
そんなとき、お店のコンセントを使って勝手に充電するのは、法律的にどんな問題があるかご存じですか。

電気を盗むこと

025462.jpg物を盗むと窃盗罪になるのですが、電気は物といえるのでしょうか。宝石や財布は物ですが、電気それ自体は触れないですし(感電してしまいますね)、物というのと違うような気がします。ところが、法律では、電気は物だと決まっています。つまり、電気を盗むと窃盗罪になってしまうのです。
そして、お店のコンセントを使って勝手に充電するのは、電気を盗むことになりますので、窃盗罪にあたってしまいます。スマホが流行し、電池切れを経験する人も増えていると思いますが、勝手に充電するのは犯罪なのです。
ちなみに、窃盗罪は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金となっていますので、気をつけましょう。

アルバイト店員の場合

では、例えばアルバイト店員が、店長に無断でお店のコンセントを使って携帯電話の充電をした場合、窃盗罪が成立するのでしょうか。
結論としては、アルバイト店員に窃盗罪が成立します。この点に関し、窃盗というより横領ではないかという刑法上の問題があるのですが、管理職以外の従業員やアルバイトは窃盗になると考えられています。

いずれにしても

無断で充電するのが良くないことであるのは間違いありません。どうしても充電したいときは、最低限お店の人の了解を得てからにしましょう。

無料法律相談受付中

初回45分は無料にてご相談を承ります。まずはお気軽にご利用ください。

こんなときはご相談ください

無料法律相談はこちら

アクセス

横浜駅5分

横浜市西区南幸 2-19-4 南幸折目ビル8F
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

横浜市を中心に、神奈川県全域、東京都からのご依頼に対応いたします。出張相談もございますので、他の地域につきましてもお気軽にお問い合わせください。